本文へスキップ

新日鉄住金で働く労働者のアスベスト問題を考える。新日鉄住金アスベストを考える会八幡

電話でのお問い合わせはTEL.093-631-7608

〒806-0052 北九州市八幡西区鳴水町2番17号

会のご案内entrance

ごあいさつ  代表 野澤政治


2005 年 12 月に結成した「新日鉄八幡アスベスト問題を考える会」は石綿についての学習会や石綿被害の早期発見のための「石綿健康管理手帳」の取得運動を行なってきました。
「手帳」を取得した人の中には「胸膜プラーク」の所見が出ている仲間もいます。昭和 38年から 39 年にかけて 7 ヶ月間(当時 28 歳)八幡製鉄所の高炉補修工事に携わった赤塚亘さん(73 歳)が 2008 年 4 月 28 日「石綿による悪性中皮腫」として、労災認定を受けました。被災者の息子さんがインターネットで「いのちと健康を守る全国センター」を通じて、私たちの会に相談をもちかけられたのです。当時の状況を知っていた会員の証言が採用され、労災認定が行われました。


自分は、アスベストとは関係ないと思っている人もいると思います。製鉄所の構内ではいたるところでアスベストが使用され、構内を張り巡らされた蒸気配管の被覆カバーが腐って綿状の物がぶら下がっていたことを目にした人、食堂で、風呂場で、洗濯物の乾燥室でそして直接に石綿を取り扱っていた人もたくさんいると思います。今では肺がんで亡くなった人の多くに石綿の影響が考えられるというデーターも出てきています。
私たちの会は、製鉄所の構内で働いたことのある関連企業やその退職者も含め、いのちと健康、じん肺やアスベストによる健康被害及びタールその他の職業がんをなくすために、被害者の発掘と救済を図ります。また、救済制度や労働安全衛生対策の拡充のため、以下の取り組みを行なっていきます。会の趣旨に賛同できる方は是非入会していただきますようご案内いたします。


@ 新日鉄におけるアスベスト使用の実態を明らかにする。
A じん肺及びアスベストやタールその他の職業がんの学習と被災者の掘り起こし活動
B 健康被害相談・健康管理手帳申請及び労災申請の援助をおこなう
C 石綿新法による救済の手続きや援助
D 各製鉄の仲間との交流及び全国の仲間との連帯と交流
E 以上の活動を通じて、企業及び国の責任を明らかにする
F 会報(アスベスト便り)を発行する


『新日鉄住金アスベスト問題を考える会八幡」会則


第 1 条(名称)
本会は、『新日鉄住金アスベスト問題を考える会八幡」と称する

第 2 条(目的)
本会は、新日鉄や住金で働いたことのある関連企業やその退職者も含め、いのちと健康、特にアスベストによる健康被害やタールその他の職業がんをなくすために、被害者の発掘と救済を図ります。また、救済制度や労働安全衛生対策の拡充のため、以下の取り組みを行なう。
1 新日鉄や住金におけるアスベスト使用の実態を明らかにする。
2 アスベストやタールその他の職業がんの学習と被災者の掘り起こし活動
3 健康被害相談・健康管理手帳申請及び労災申請の援助をおこなう
4 石綿新法による救済の手続きや援助
5 各製鉄の仲間との交流及び全国の仲間との連帯と交流
6 以上の活動を通じて、企業及び国の責任を明らかにする
7 会報(アスベスト便り)を発行する

第 3 条(会員)
新日鉄や住金の労働者及び退職者(関連企業を含む)で会の目的に賛同する人々で構成する。

第 4 条(賛助会員)
賛助会員は、会の目的に賛同し、賛助会費を納め、会の運動に参加協力する個人および団体とする。賛助会員は、機関の構成員ではないが、機関に出席し、発言をすることができる。

第 5 条(事務所)
本会の事務所を会の代表宅とする

第 6 条(役員)
本会は以下の役員で運営する
代表 1 名 運営委員 若干名 会計 1 名 会計監査 1 名

第 7 条(運営)
1 原則として、毎月例会を開催する。例会の議題は事前に開かれる運営委員会で決定する
2 年に 1 回定例総会を開催する
3 総会では活動の総括と運動方針の決定をおこなう
4 本会に運営委員会を置く
5 運営委員会は、会員の中より互選し、最大 10 人以内とする
6 運営委員長は運営委員の中から互選し、会の代表を兼任する

第 8 条(会費)
1 会費は年 3000 円とする
2 賛助会費は年一口 3000 円とする
3 必要に応じて、寄付金及びカンパ活動をおこなう

第 9 条(付則)
不測の事態には、運営委員会で討議のうえ、対処する
この会則は 2009 年 6 月 30 日より施工し
・2011 年 07 月 16 日 一部改正した
・2012 年 06 月 30 日 住金との合併を踏まえ−部改正した



information

新日鉄住金アスベストを考える会八幡

〒806-0052
北九州市八幡西区鳴水町2番17号
TEL.093-631-7608
FAX.093-631-7608